【2冊セット】神王伝説クリスタニア〈上〉〈下〉 白井 英 (著), 水野 良 (著), 宝谷 幸稔 (イラスト)

¥ 600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

神王伝説クリスタニア〈上〉
(電撃文庫) 文庫 – 1995/12
白井 英 (著), 水野 良 (著), 宝谷 幸稔 (イラスト)

いまを遡ること300年、北の島から「漂流王」とよばれる指導者率いる船団がクリスタニアに漂着した。しかし、神々の大陸“クリスタニア”は高くそびえる断崖―神の城壁―によって彼らの侵入を許さなかった。絶望の淵にたった漂流王は自らの肉体と引き替えに支配の神獣王バルバスの統治する大地を得たのだった。そして、いま300年にわたる精神闘争にピリオドがうたれた。人間の肉体を得てバルバスが神王として復活したのだ。漂流王の側近、ダークエルフのシェールは愛しの王を取り戻すべく復活のカギ「混沌輪」を盗み、バルバス打倒に向かうが…。

文庫: 245ページ
出版社: メディアワークス (1995/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4073041193
ISBN-13: 978-4073041191
発売日: 1995/12

神王伝説クリスタニア〈下〉
(電撃文庫) 文庫 – 1996/6
白井 英 (著), 水野 良 (著), 宝谷 幸稔 (イラスト)

シェールたちによって神王バルバスは永き眠りについたかに見えた。バルバスの支配力のなくなったベルディアでは、暗黒の民と猛虎の民による内戦の火蓋が切られていた。暗黒の民のマイリー神殿に身を寄せていたシェールと合流したボークスら一行は、唯一残っていた獣の牙の砦「ロマ」に向かった。一行がそこで見たものは、倒したはずのバルバスの奇跡によって壊滅した砦の無惨な姿だった。バルバスは復活していたのだった。シェールとボークスら一行は神王バルバスを倒し、漂流王の魂を救うため、胡蝶の民のキサラの案内で混沌界に向かうが…。

文庫: 242ページ
出版社: メディアワークス (1996/06)
言語: 日本語
ISBN-10: 4073046802
ISBN-13: 978-4073046806
発売日: 1996/06

概ね良好ですが、20年前の本ですので若干のキズや汚れ、色あせ等の経年劣化についてはご容赦下さい。
詳細は写真をご覧下さい。

ショップの評価